空き家相続

福岡空き家相続

福岡古家相続相続とは

相続とは故人が所有していた財産や権利(土地、建物、所有権など)、負債や義務などがお亡くなりになった事で相続人へ移転することです。

 

■お亡くなりになった時から相続は開始されます

故人がお亡くなりになったその瞬間から相続は開始され、上記の財産、権利、負債、義務などが移転されます。
相続人が複数いる場合は相続人皆さんの共有となります。
ということは相続財産を処分するためには相続人全員の同意が必要になるのです。

 

■相続には期限があります

相続人が相続の開始を知った日から3か月以内が期限です。

この期間に相続するかしないか家庭裁判所にて手続きしないとすべて相続となります。
財産も負債も一切相続しない財産放棄などもこの期間なら可能です。

 

■遺産分割協議

相続人全員で相続の内容を話し合います。
法定相続分にこだわらなくても全員の同意があれば遺産分割は可能です。
協議がまとまらない場合は家庭裁判所の調停を利用することになります。家庭裁判所

 

■不動産の相続登記

相続による名義変更のことです。
この名義変更をしっかりとしておかないと、善意の第三者には対抗できません。
相続した不動産の売却などをお考えなら、名義変更し登記識別情報を法務局より発行してもらい、大事に保管しましょう。

 

相続の問題

相続にまつわる様々な問題は非常に解決が難しい場合が多々あります。
例えば、相続人に行方不明者がいたり、未成年者がいたり、故人に生前前妻(前夫)との間にほかにお子さんがいたり、故人じたいが不動産の相続登記されていなくて名義が故人にもなっていなかったり・・・
様々な問題の解決には専門家の力をときに借りなくてはならない場合も多いでしょう。

 

■相続問題にもお力になります

これまでの当社の経験で相続に関する問題の解決に関するご相談も承ることができるようになりました。
専門家の先生(司法書士や弁護士など)へご相談する前に当社へお気軽にご相談ください。
もちろん無料です。秘密も厳守いたします。

 

お問合せはこちら
↑↑↑ ここをクリック

092-663-2054

空き家管理メニュー

福岡空き家管理プラス 福岡空き家管理プラスサービス詳細 空き家管理サービス料金一覧 よくある質問 福岡空き家管理プラス依頼の流れ 空き家管理サービス区域 申し込み ご相談お問合せ

ピックアップ記事

空き家に関する法律

2016.8.9

空家対策特別措置法

どんな法律なのでしょう 防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしている空き家等から地域住民の生命、身体又…

ページ上部へ戻る