空き家バンク

空き家バンクって何?

空き家バンクは上手くいっていない

空き家バンク
運営は地方自治体が行っています。
登録された空き家を借りたい人へ情報提供し、借り手を探すお手伝いをするものです。
地元の不動産業者が持っていない情報になりうるので、
意外な物件を発見することができる可能性がありますが、
物件のリフォーム代がかなり高額になるような空き家(古民家)もかなりあるので課題も多く、運営がうまくいっているとは言えないのが実情です。
これがうまく機能すれば、その地域の空き家に人が移り住むことで地域の活性化にもつながりますし、過疎化対策にもなれば、若者の人口増大にもつながるはずです。
しかし、実際に過疎地域の過疎化は進む一方で、若者の流出は止められていない現状を見れば、空き家問題の特効薬にはなっていないことが明白だと思います。

空き家バンクのデメリット

地方自治体空き家バンクで物件を探す場合、空き家は家財が中に残ったままのものや、建物自体が老朽化が進んでいて補修にかなりの費用が掛かる場合や、俗にいう訳あり物件などに類するようなものまであります。
普通の賃貸物件と異なり、基本的には所有者管理者と直接の交渉など話し合いが必要な事が多く、借り手からすればハードルが高く、リスクも高いのがデメリットです。

まとめ

制度やしくみは非常に良いように見えます。
ですが、メリット、デメリットをしっかり検討して、空き家を登録するかどうか考える必要があります。
空き家を所有している方は補修費用で先ず、つまづくのではないでしょうか?
それなら解体しますか?解体もかなりの費用が掛かります。
登録する側にも、空き家を探している側にもリスクの高い制度に見えるのは私だけでしょうか?
特に借りる側にデメリットが多いと感じます。

次⇒⇒⇒空き家管理サービス

お問合せ

電話

空き家管理メニュー

福岡空き家管理プラス 福岡空き家管理プラスサービス詳細 空き家管理サービス料金一覧 よくある質問 福岡空き家管理プラス依頼の流れ 空き家管理サービス区域 申し込み ご相談お問合せ

ピックアップ記事

福岡市

2016.8.13

地域密着!空き家管理は安心の空き家管理プラス!

当社は福岡市に拠点をおき、地域密着型、空き家管理サービスを行っています。 地域の事をいつもよく知り、色々な情報を毎日仕入れることで…

ページ上部へ戻る