空き家の悩み相談窓口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空き家の悩み

福岡空き家管理プラス pixta_22181584_S

福岡県内の空き家限定です

いきなりですが、まず最初にあやまらせてください。

当相談窓口は
福岡県内に空き家(土地・建物)を所有されている方だけ

ご相談を承っています。

それ以外の地域の方は大変申し訳ありませんが、ご相談を受付できません。

当方は不動産に関する法律知識とこれまでの実績において培ったノウハウなどを駆使してご相談者の方々へ解決の糸口となることを願っています。

当ホームページにてできるだけ分かりやすく、事例などを用いて、ご説明しますが、当然、すべての方に当てはまるわけではなく、ケースバイケースですので
参考程度にお読みください。

call

無料相談受け付け

内容をご覧になって、ご質問や相談などございましたら、お気軽にお問合せフォームからお問合せください。

お名前や住所などはいりません。

匿名、ハンドルネームなどで結構です。
また、空き家の所在地なども個人情報の観点から、不明なままで構いません。

どのような環境の空き家なのか、所有環境、権利関係、周辺環境、また、どうのようにしたいのか?できるだけ、詳しくお問合せください。

当方より、メールでご回答いたします。
お時間がない方はお電話でもご相談を受付いたしますので、お気軽にお問合せください。

お電話の場合は多忙のため、出ることができない場合もございます。その場合は留守番電話に切り替わりますので、メッセージを残しておいてください。
後ほどかけなおさせていただきます。

実家を相続

空き家で困っていませんか?

ご両親がいなくなり、空き家となってしまった実家、ご自分は長男であり、いや長男でなくても実家を相続してしまう事で空き家の所有者となってしまう。
空き家の利用価値も利用方法も考えつかない。
困った・・・

このような感じで空き家を取りあえず放置している方が大勢いらっしゃいます。
nayami

ご実家をご両親が購入したときは、郊外の閑静な住宅だと人気もあり、活気の町でした。

お子さんたちもそこで育ちます。

お子さんたちも成長し、就職の為都心へと単身、町を出ていきます。

就職先の都心部に近いところで結婚をし、住まいを購入します。

時間が過ぎ、実家の周辺は高齢者ばかりになり、人気だった郊外住宅地も活気がなくなり、本当に静かになってしまいました。

cropped-img00058.png

ご実家を相続することとなったときには、実家のある土地など売れるかどうかも分からないくらい、過疎化が進んでいます。

建物もかなり老朽化して、手直しやリフォームなどを考えたら、とんでもない出費が想像できるでしょう・・・

売ろうとしても、売れるかどうか・・・

賃貸しようにも、リフォーム代などとても出費できないし・・・

ましてや、今の住まいから遠すぎて管理などできないし・・・・

解体して更地にすれば、売れるかも?と考えてみても、解体費用がやはりかかるし・・・

弱ったなぁ~

というような感じで放置されている空き家が全国にどんどん増え続けています。

このホームページで

空き家を放置してしまうことで、いづれ何が待ち受けているのか、困った空き家の問題を解決した話などを学んで頂き、今後の参考にしてください。

当窓口は福岡県に土地建物を所有している方限定
でご相談はお受けしています。

普段の業務の中で積み重ねてきた、知識と経験がみなさんのお役にたち、なおかつ、この空き家の問題によって世の中、社会がどのような方向へと向かっていくのか
我々も勉強させていただきたく、この相談窓口を立ち上げました。

ですので、相談者の方は完全に無料、秘密厳守にて対応してまいりますので、お気軽にご相談ください。

 

まずは、空き家問題の法律から学んでみてください。

次⇒⇒⇒空家対策特別措置法ってなんですか?

空き家管理お問合せ
↓↓↓ネットからのご相談はこちら↓↓↓
福岡空き家管理プラスメール

<

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

空き家管理メニュー

福岡空き家管理プラス 福岡空き家管理プラスサービス詳細 空き家管理サービス料金一覧 よくある質問 福岡空き家管理プラス依頼の流れ 空き家管理サービス区域 申し込み ご相談お問合せ

空家問題

■日本全国で空家問題が発生しています。

 

空家を放置することで近隣住民の方にご迷惑をおかけしている例も多くみられ、倒壊のおそれや不法滞在者の問題、ハチの巣ができたり、空き家対策は必須です。

 

地方自治体などの取り組みで「空き家バンク」などが各地で作成されていますが、問題の決定的な打開策とはなり得ておりません。

 

しかし、空き家には需要が眠っています。

 

個々人がその需要と向き合い、対策をすることで非常に良い解決策が実現できると私たちは信じています。
私たちとといっしょに問題の解決に取り組み、すべての人が喜ぶ社会を目指しましょう。

ページ上部へ戻る